特技を生かして独立する、大黒柱になるというのは、一度は経験してみたいと思っている人は多いのです。実際0円で独立開業できると言われる通り、会社設立の垣根はぐんと低くなっていますから、性別や身分に関係なく誰でも社長になれる道は開かれていますが、存続させるための努力は別問題です。

独りで自宅開業するにしても税務関係業務はどうしてもやらなければなりませんし、ケースによっては自宅とは別に本拠地をつくらなければなりません。オフィス道具や茶器も揃えなければなりませんし、電話も個人用とは別途にしておかなければ何かと具合悪い事になります。様々考えていくと状況的に0円で会社設立なんてまず無理と思ってしまいます。

こうした手間を省く意味で店舗を持たないネットショップを開業する人も多いですが、それにしても税務関係はやはりついて回るのです。最も怖いのはトラブルが発生した時にどう対応するかで、後々の動向が大きく影響を受けてしまう事です。裁判となってしまったら誰か対応できる人材を見つけておかなければ、生活そのものまで破綻してしまいます。

やはり会社設立のためには周到な準備と計画を練らなければならないという事です。はたして誰に相談したら良いのでしょうか。法律関係に詳しい関連職業をピックアップしてみると、複数ある事がわかります。弁護士・税理士・司法書士・行政書士・会計士・社会保険労務士とにわかにピックアップしただけでもこれだけいるのです。それぞれに得意分野がありますから使い分ける事が大切になってきますが、すべて社員として雇用すればかなりの経費になりますし、依頼するだけでも費用が飛んでいきますから、後々の事を考えて慎重に選んでいく必要があります。

Published by 管理者